Deutsche Haiku Kyoto

Haikuwettbewerb für Studierende japanischer Universitäten und Oberschulen

俳句ワークシート、korr.

ドイツ語で俳句を書こう!

日本の俳句は、既に約100年も前から、西洋において詩人たちの間で広まっていました。(例えばR.M.リルケや現代の俳人)

それでは、どのようにドイツ語で俳句を書くことができるでしょうか。もう一度、俳句の作り方を復習してみましょう。

  1. 自分の日常生活で起こったことや、閃きのあった瞬間を俳句で表現する。
  2. 読み手に自分の気持ちが伝わるように工夫する。ただし、良い/ 悪いなど批評を盛り込んだり、嬉しい/ 悲しい/ 淋しい等、直接的な言葉を使って感情を表現するのは避けた方が良い。
  3. 表現の仕方は、具体的な言葉を用いて簡潔に、そして現在形で書く
  4. 読み手がその句を読んで、想像を膨らませることができるように、客観的な視点で表現する。
  1. 俳句は5-7-5(3行)の17音節で表現する。 (多少の字余り、字足らずは構わない)

けれども第10回京都女子大学ドイツ語で俳句コンテストに参加したい場合は17音節を守らないといけません)

  1. 俳句は季節感を表す文学ともいわれ、俳句を味わうには何よりも季節をとらえることが大切である。季語を忘れずに!

********************************************************************************************************

有名な日本の俳句: 松尾芭蕉(1644-1694)

古池や      (furu ike ya)

蛙飛び込む  (kawazu tobikomu)

水の音      (mizu no oto)

独訳例(1)                        (2)

Der alte Weiher:                          Uralter Teich

Ein Frosch springt hinein.                  Ein Frosch springt hinein.

Oh! Das Geräusch des Wassers.            Plop

Wir schreiben Haiku (俳句) in deutscher Sprache!ドイツ語で俳句を書こう!

例:  ドイツ人* のドイツ語でできた俳句:

  1. Kirschblütenblätter

Fallen auf einen Buddha.

Ein Wanderer putzt.

(野仏に散り降る花を払ひけり)

(Zu 1:  Silbentrennung):

Kirsch ・ blü   ・ ten  ・ blät  ・ ter  (5)

fal   ・ len ・auf ・ ei  ・ nen  ・ Bud ・ dha ・(7)

ein  ・ Wan  ・ de ・ rer ・putzt  (5)

2.  Der erste Heiltrunk

Am Kinosaki-Bahnhof

durch Schneematsch waten.

(癒しの温泉甘露と干せば雪ほどるー城崎温泉駅前)

  1. Nur selten fährt hier

durchs herbstliche Tal einer

zu seiner Arbeit

(谷は秋車で通ふ人もなし)

4. Glutvoller Mittag

durch Maisfelder spazieren

langsam Herr und Hund.

(日盛りや唐黍畑を犬連れて)

練習問題:

  • A. 2番,3番,4番の俳句の音節は、それぞれ何音節ですか。
  • B. 上記4つのドイツ語の俳句の季語は、それぞれ何ですか?
  • C. 辞書を使って、春(Frühling) の季語をそれぞれドイツ語で集めてください。
  • D. それでは、皆さん自身の、春の俳句をそれぞれ書いてみましょう! *) Saskia Ishikawa: Mit Haiku durchs Jahr, 2015、翻訳 石川光庸

正解

1.Kirschblütenblätter

  1. Schneematsch
  2. (das) herbstliche Tal
  3. Glutvoller Mittag und Maisfelder (2 Jahreszeitenwörter!)
  4. (野仏に散り降る花を払ひけり)

2. (癒しの温泉甘露と干せば雪ほどるー城崎温泉駅前)

  1. (谷は秋車で通ふ人もなし)

4. (日盛りや唐黍畑を犬連れて)